天使の杖でおいでやす トップページへ戻る

ケーキから生まれるしあわせ交響曲 パティスリー タンドレス



京都市北東、一乗寺エリアの住宅街の一角に、週3日だけオープンする
知る人ぞ知るケーキの名店があります。
ぜひ辿り着いてほしくて、言葉の道案内から掲載いたします。
1.言葉の道案内
2.お店の基本情報
3.いただいたもの
4.グーグルマップについて
5.感想

1.言葉の道案内
おおよその場所は、
白川通と曼殊院通の交差点から一筋南の通りを東へ、
二筋目を北に入って約10メートル、左手です。

今回は、最寄りのバス停、一乗寺下リ松町(南行き)からスタートです。(※1)
@バスを下りたら、バスの進行方向(南)に進みます。
(北行きバス停からは進行方向と逆に進み、最初の交差点を南と東にわたってください)
A南行きバス停から30歩ほど(ややあいまいです)南にいったところを東へ左折。(※2)
B上り坂を東に進みます。
C左伝いに歩くと約160歩で道がゆるく左に折れるのでそこで北へ左折(白川通から2筋目)。
D左折してすぐのところ左手に、斜めになっているソフト電柱支え(?)、続いて電柱があります。
E電柱から北へ20歩、左手がパティスリータンドレスさんです。
強い香りはしていませんが、静かな住宅街でお店のドアの辺りから人の気配がしているのが
目印になると思います。
(営業中であれば、人が並んでいたり接客の声が聞こえたりしていると思います、
 といってもうるさいほどではないので耳を澄ましてください)
通り過ぎてしまうと、隣はお店の駐車場です。
道路の左を探ると、溝蓋の左に、幅約1メートルの上り階段が3段あります。
(1段目は高さ約20センチほど、やや高めです)
のぼったところ右手がお店のドア(向かって右が取っ手、手前に引くタイプ)です。
ドアの向かい側(階段を上りきった左側)には待合のベンチ(4人分ぐらい)があるので
階段を上ったら白杖は大きく振らず、右伝いにドアを探しましょう。
(階段とドアの間に傘立てか何かがあるようなので
ひっくり返さないよう要注意です)
ドアには白っぽい文字で店名(アルファベット)が書いてあります)
ドアベルはシャラランと良い音色。
店内に入るとお店のかたが受け付けてくださいます。

●帰り
お店のドアを出て左手の階段を3段おりると通りに出ます。
(歩道と車道の仕切りのない小さな通りです)
通りを右(南)へ23歩ほど進み、
西に右折して160歩坂道を下ると白川通に出ます。
帰りは大通りの気配に向かって歩くのでわかりやすいです。
白川通で左折して北に進むとほどなく一乗寺下リ松町(南行き)バス停の
点字ブロックを踏みます。
白川通を少し南にいくと一乗寺木ノ本町のバス停もありますが、
路線によって乗り場が異なる(北寄りと南寄りがあるようです)ので注意が必要です。

※1 バスについて
一乗寺下リ松町バス停に停車するのは北8系統・5系統です。
北8系統は循環型で松ヶ崎駅、北山駅、北大路駅に接続しており、
南行きバス停に停まるのは時計回り循環です。
5系統は京都駅と岩倉をつないでおり、
南行きバス停に停まるのは岩倉から京都駅行きです。
南行きバス停は、白川通と曼殊院通の交差点の南東、白川通沿いにあります。
(北行きは交差点の北西にあります)
白川通と曼殊院通の交差点は音響信号ではありません。
南東角にコンビニがあります。
曼殊院通を東にいくと1筋目の右手前に一乗寺中谷さん、さらに東に坂をのぼると詩仙堂があります。
西に行くと一乗寺駅があります(路面の小さな駅です)
※2 左折するところの目印について
白川通を西に渡る横断歩道の点字ブロックがあります。(音響信号ではありません)
歩道の左側、手前の角には座れる高さ(40センチくらい)の岩があり、
その奥に金網のフェンスがあるようでした。
左折した通りは小さいですが車が通るので端っこを歩きましょう。
(交通量はそれほどではなく、曼殊院通よりこちらの道から行くほうが
歩きやすいと思います)

2.基本情報
パティスリータンドレス
京都市左京区一乗寺花ノ木町21-3
営業日要注意!土曜・日曜・月曜のみ営業
営業時間 テイクアウトは11時30分から19時、
イートインは13時から18時(ラストオーダー17時30分)
※ただし遅い時間だと売り切れが多いようです。
イートインの席数 7席(2席×2、1席×3)

3.いただいたもの(お値段は税込み)
★プレイエル(スパイスのビスキュイに、洋梨のババロアと
ミルクチョコレートクリーム、洋梨といちじく入りのケーキ)850円
★バレ・ドージュ(シードルのムース、キャラメルのムース、
プルーンのジャムのケーキ)830円
★熊本産の和紅茶(名前忘れました)カップ690円
★ホットコーヒー(ボリビア)680円

4.グーグルマップ(アイフォン)について
検索フィールドに、手入力でもマイクからの入力でも
「パティスリータンドレス」といれて検索するとすぐお店が表示されます。
住所を調べる必要がなくとても楽です。
選択すると、お店の情報のほかに「経路」「ナビ開始」「保存」などのメニューがあります。
「ナビ開始」または、「経路」を選択したとき経路説明の画面右上に出ている
「開始」ボタンでナビを開始すると、目的地に着いたら自動的にナビが終了します。
このとき、ボイスオーバーをオンにしていても
「到着しました」などのアナウンスはなく、「ポケ」のような音がして
黙ってお気に入りリストなどの画面に戻っています。
ここ、知らないと戸惑いますが、そうとわかれば
「ポケ」を聞き逃さず「あ、着いたのね」とスムーズにいけると思います。

5.感想
あまり立地がよいとは思えない、中心部を離れた住宅街にあるにもかかわらず、
さらに平日(月曜)1時半頃という、ケーキを食べるのに人気のある時間とは
思えない日時に訪れたにもかかわらず、イートインは20分ほど待ち時間がありました。
お店の入口ドアの向かいが待合のベンチになっていて外で待つので
屋根はありますが夏は暑さ、冬は寒さ対策が必要かもしれません。
が、私たちがいったときはやわらかな秋風が心地よく、
また待っている間の常連さんとのケーキ談義も楽しく、
むしろ待ち時間も含めて贅沢をさせてもらった気分でした。
ケーキは全部で6種類、ホットコーヒーと紅茶が3種類ずつ、
アイスドリンクもあり、どれもおいしそうで、しかもそれを
説明してくださるお店のかたが本当にあったかい、気さくなかたで
初めてなのに親戚のおうちに来たような気持ちにさせてもらえました。
おばちゃんに会うためだけにでもまたお店に行きたいです。
私たちは入口傍の出窓に面したテーブルでしたが
席の間隔はゆったりした印象で、店内は明るく
大声を出さずに会話が楽しめる静かなクラシックが流れていました。
丁寧に作られたケーキのおいしさは一口ごとに感動で、
遠くて不便な場所でも並んでもお高くても
足繁く通う常連さんの多さも納得でした。
おいしさと、優しさと、そこに集う方々との一期一会の出会い。

ケーキの名前「プレイエル」は19世紀フランスのピアノのブランドでもあるそうです。
秋風に乗って、しあわせのメロディが幾重にも心に広がる一日でした。
(2020.10 by yuki)

ページの先頭へ戻る
みんなのおでかけレポート集へ


1.トップページへ戻る
2.図のない京都図鑑(お出かけガイド)へ
3.お花つみガイド(お手洗い情報)へ
4.お役立ち情報玉くしげへ
5.杖休め茶屋へ