天使の杖でおいでやす トップページへ戻る

さあ!夢を見に行こう  るり渓温泉

(基本情報へジャンプ)

「さあ!夢を見に行こう」
と、まーちゅんさんからお誘いが届きました。
「はい!行きます!」
読んだらきっとあなたもそう言って、お財布握って走り始めてるはず・・・
まずは一緒に夢の世界を覗いてみましょう♪

◆◆◆

山の中にあるくつろぎ空間「るり渓温泉」。
温泉あり、プールあり、キャンプ場あり、夜はイルミネーションあり。
年間を通して楽しめるよくばりスポットです。

温泉:
ジャグジー風のものや滝湯のようなものなど様々な種類の温泉があり、もちろん露天風呂もありますが、
私たち視覚障害者にとって一番のおすすめは水着を着て入る混浴があることです。

家族で出かけても、いつも温泉は男女別々。
相手を気遣い急いであがったり、外で待っていたり・・なんてこと、ありますよね。
ここなら家族や同伴者と一緒に入れて思い切り温泉を楽しむことが出来ます。
そのままプールへ移動もできるので子供たちも大喜び。

リラグゼーション:
ゆったりしたTシャツと短パンを貸してくれるのでその格好でいろいろなリラクゼーションを受けられます。
私が入ったのは天井に星のような光があるだけの暗い静かな部屋、マットが敷いてあり枕が置いてあるので横になってみんな好きなところで寝られます。
とても静かで宇宙の中に浮かんでいるような荘厳な気分になり、知らないうちに眠りに落ちていました。
ハーブの部屋は2、3人が入れるドアの無い部屋があり中に入るとハーブのかおりがします。
岩盤浴の部屋やサウナの部屋もあります。
とにかく静かにくつろいで寝られる空間がたくさんありゆっくりできます。

食事:
レストランは玄関を入って左のお土産やさんの奥にあります。
40〜50人は入れる天井の高い広々とした空間で、一部坪庭が見えます。
団体客が宴会をできる座敷もあります。
この土地で取れた山菜や米、丹波牛に松茸などを使い、素材を活かして工夫された様々な料理が用意されています。
量も多く私は満腹でしばらく動けなくなりました。

イルミネーション:
夜にこのイルミネーションを見るためだけに、京都から一時間半以上かけて車をとばして来るカップルもいるほど見応えのあるものです。
ホテルの玄関を出て左、舗装されたなだらかな坂道を下ると、まばゆいほどの光に包まれたトンネルが現れます。
そのトンネルを通り抜けると大きな雪だるまが光ってお出迎えしてくれます。
ここからは光の国。
大海原に大きなくじらが潮を吹き、海の向こうには輝くアーチ。くぐり抜けて辿り着くのは・・そう、もちろん教会!
どれも大掛かりで、広くなだらかな道のほとんどは車椅子でもゆっくり通れます。
道の両側には光のきのこや花があり、ピーターラビットと仲間たちも覗いています。
なだらかな坂を上ると眼下には先ほどの大海原。光で作られる波が本当に夢の世界に連れていってくれます。
ここを訪れたカップルは、きっとここで永遠の愛を誓う口づけをかわしてしまうでしょう(その気の無い場合は気をつけましょう)。
告白したい方にはお勧めです。きっと、雰囲気で思わずイエスと答えてくれるはず・・!
(2018.11 by まーちゅん)※取材は2017年11月のものです。

◆◆◆

はい、きっと思わず答えてしまいます・・・イエス(照れ)
まーちゅんさんがおでかけされた晩秋の頃には、舞い散る紅葉も高原を彩っていたそうです。
温泉にリラクゼーションに食事に自然に夜景・・あらゆる角度から癒やされること間違いなしのスポット、
みんなにお勧めしてくださったまーちゅんさん、ありがとうございました。
2018年10月からは、さらにイルミネーションがパワーアップしてるみたいです。
癒やしてあげたい誰かと・・ぜひ行ってみたいですね♪

〈基本情報〉※2018年11月現在
営業時間:
 ・入浴:宿泊客6時〜24時、一般客7時〜24時
 ・レストラン:平日11時〜21時半、土日祝11時〜22時
 ・イルミネーション 日没〜22時
  イルミネーションの入場料に障害者割引あり(手帳提示で本人と介添え1名、各300円引き)※クリスマス除く
アクセス:
 ・京都より車で約1時間半
 ・JR園部駅西ロータリーから無料送迎バス有り 時刻表(外部リンク)
   平日  園部駅→るり渓10:00〜17:20、るり渓→園部駅9:30〜19:15
   土日祝 園部駅→るり渓10:00〜19:45、るり渓→園部駅9:30〜21:00
るり渓温泉 公式HPはこちら(外部リンク)
イルミネーション「シナスタジアヒルズ」公式HPはこちら(外部リンク)

みんなのおでかけレポート集へ

1.トップページへ戻る
2.図のない京都図鑑(お出かけガイド)へ
3.お花つみガイド(お手洗い情報)へ
4.お役立ち情報玉くしげへ
5.杖休め茶屋へ